最近の記事
header_logo.GIF

グローバル・シーは各種リサーチを行っています。

お問い合わせは グローバル・シーまで 

2018年01月31日

アクセスランキング 2018-1

ページ アクセス数 / 訪問者数 アクセス数 訪問者数
合計 566 145
1./index.rdf 28.8% 163 32
2.トップページ 8.0% 45 28
3.平成29年年間値(速報)及び平成29年10-1… 1.9% 11 9
4.日本の賃金、世界に見劣り国際競争力を左… 1.9% 11 9
5.中国の消費者の日本製品等意識調査」 1.8% 10 8
6.中国における環境規制と市場規模の最新動… 1.6% 9 7
7.「リスクに立ち向かう日本経済」を分析/… 1.6% 9 2
8.○トラック輸送情報(平成29年11月分 1.6% 9 9
9.2017年進出日系企業に対する環境規制アン… 1.6% 9 7
10./archives/20180117-1.html 1.6% 9 3
11./index20.rdf 1.6% 9 9
12.国土交通省が実施する分野別統計・データ 1.4% 8 8
13.中国の消費者の日本製品等意識調査」結果… 1.4% 8 8
14.2017年進出日系企業に対する環境規制アン… 1.4% 8 6
15.大ヒット商品「ネジザウルス」はどのよう… 1.4% 8 7
16.カイゼン活動成果発表会」ものづくりカイ… 1.4% 8 7
17.商業動態統計調査 1.2% 7 6
18.2017年度 アジア・オセアニア進出日系企… 1.2% 7 6
19.「平成21年度救助技術の高度化等検討会… 1.1% 6 6
20.内閣官房] ・政府調達における我が国の施… 1.1% 6 6
posted by Mark at 22:47| Comment(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年度 アジア・オセアニア進出日系企業実態調査

ジェトロは2017年10〜11月、北東アジア5カ国・地域、ASEAN9カ国、南西アジア4カ国、オセアニア
2カ国の計20カ国・地域に進出する日系企業に対し、現地での活動実態に関するアンケート調査を実施した。
有効回答は4,630社(有効回答率38.6%)。
 
【調査項目】
 営業利益見通し、今後の事業展開、経営上の問題点、製造・サービスコストの上昇、原材料・部品の
調達(製造業のみ)、輸出入の状況、現地市場開拓への取り組み、賃金

【今年の調査結果のポイント】
・黒字企業が増加、赤字企業が減少した。
・南西アジアを中心に景況感が改善した。
・事業拡大意欲は東南・南西アジアで堅調、中国で持ち直した。
・最大の経営課題は賃金上昇、ただし昇給率は前年から概ね低下した。
・製造業は、東南アジア諸国で現地調達率上昇したが、中国とは開きがある。
・非製造業は、将来の市場開拓ターゲットは「地場企業」へ移る。

【リンク】
https://www.jetro.go.jp/world/reports/2017/01/b817c68e8a26685b.html

posted by Mark at 10:47| Comment(0) | 国関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

大ヒット商品「ネジザウルス」はどのようにして生まれたのか!』

工具メーカーとして、数々のヒット商品を生み出している(株)エンジニア
┃(大阪市東成区 1948年創業 従業員40人)。同社が開発した工具
┃「ネジザウルス」シリーズは、一般的に年間1万丁も売れれば
┃大ヒットといわれる工具業界において、累計350万丁という驚くべき販売数を
┃記録し、さらに現在も売れ続けています。
┃ この「ネジザウルス」の成功から、高崎充弘社長が導き出した商品ヒット
┃理論も注目を集め、テレビのドキュメンタリー番組や情報番組等にも数多く
┃取り上げられています。
┃ 誰もが安心して使える工具作りやデザイン、技術的な特許、遊び心を
┃加えた商品ラインナップで人々を魅了する同社のブランド作りについて、
┃高崎社長に熱く語っていただきます。
┃ お申込みをお待ちしております!

┃日 時:平成30年2月6日(火) 18:30〜20:30 (開場 18:10)
┃講 師:高崎 充弘 氏 (株)エンジニア 代表取締役社長
┃費 用:500円(当日受付でお支払いください)
┃場 所:大阪府立中之島図書館 別館2階
┃定 員:60人(事前申込制、先着順 ※定員になり次第締切)
┃申込み:下記URLよりお申込みください。
┃ https://www.shinsei.pref.osaka.lg.jp/ers/input.do?tetudukiId=2017120025

┃問合せ:大阪府立中之島図書館 ビジネス支援課 TEL:06-6203-0474

posted by Mark at 22:28| Comment(0) | 特許関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年進出日系企業に対する環境規制アンケート

<主な調査結果>
     〜多くの日系企業が処理設備の増加等を急ぎ、一部厳しい対応を迫られる〜 

     直近1 年間で、37%の企業が「政府の指導を受けた」、55%の企業が
  「自主的な環境規制対応をした」と回答。多くの企業が環境規制の強化を受
   けて処理設備の増加等の対策を講じている。 

     環境規制に関する評価については、8割の企業が「規制は厳しい」との評
   価。そのうち、4%の企業は「規制が厳しくて事業の継続が困難である」と
   回答。また3%の企業は「一部ラインの移転を検討している」等と回答した。
   環境規制の強化によって、一部の企業で厳しい対応を迫られている。

  【詳細は下記のリンクよりご覧いただけます。】
   https://www5.jetro.go.jp/newsletter/shanghai/2017/171212/keika.pdf

posted by Mark at 22:23| Comment(0) | 環境関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年進出日系企業に対する環境規制アンケート

<主な調査結果>
     〜多くの日系企業が処理設備の増加等を急ぎ、一部厳しい対応を迫られる〜 

     直近1 年間で、37%の企業が「政府の指導を受けた」、55%の企業が
  「自主的な環境規制対応をした」と回答。多くの企業が環境規制の強化を受
   けて処理設備の増加等の対策を講じている。 

     環境規制に関する評価については、8割の企業が「規制は厳しい」との評
   価。そのうち、4%の企業は「規制が厳しくて事業の継続が困難である」と
   回答。また3%の企業は「一部ラインの移転を検討している」等と回答した。
   環境規制の強化によって、一部の企業で厳しい対応を迫られている。

  【詳細は下記のリンクよりご覧いただけます。】
   https://www5.jetro.go.jp/newsletter/shanghai/2017/171212/keika.pdf

posted by Mark at 22:21| Comment(0) | 環境関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国の消費者の日本製品等意識調査」

<主な調査結果>
〜日本旅行の人気回復続き、越境EC にも好影響〜

1.日本に対し「礼儀正しい」「サービスが良い」「エコ」のイメージが定着
(抜粋版P1/本編P8,9,10,20)
2.今後行きたい国・地域で日本は初の第1 位に
(抜粋版P2/本編P45,46,48,49)
3.訪日目的のトップ3 羽「娯楽施設で遊ぶ」「食事」「買い物」。情報源は
口コミ
(抜粋版P3/本編P49,50)
4.日本製品は「使い方がわかりにくい」との指摘も、購入場所は「百貨店」
「家電量販店」などが上位に
(抜粋版P4/本編P51,52,53)
5.越境EC での日本商品購入経験者は約7 割、訪日旅行で気に入った品を
再購入
(抜粋版P5/本編P57)
6.日本産食品の購入経験者は5 割を超え、原産国別で3 年連続第1 位
(抜粋版P6/本編P55,56)

【詳細は下記のリンクよりご覧いただけます。】
https://www.jetro.go.jp/mail5/u/l?p=c-kiwuFCo6UGOWfMX6Tr8gZ
posted by Mark at 22:20| Comment(0) | 消費生活関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

中国における環境規制と市場規模の最新動向調査」

2016年度に続き中国の環境規制についてのレポートをまとめました。
   是非ご活用ください。
     〇 環境汚染現状 
     〇 環境産業の規模及び産業構造、売上高ランキング
     〇 環境PPPプロジェクト関連最新動向
     〇 環境規制最新動向
     〇 大気汚染対策最新動向
     〇 水汚染対策最新動向
     〇 土壌汚染対策最新動向
     〇 電子製品汚染対策最新動向
     〇 廃棄電器電子製品回収管理条例(中国版WEEE)関連制度 
     〇 電器電子製品有毒有害物質使用制限管理弁法(中国版RoHS2.0)
     〇 生産者責任拡大制度遂行方案
     〇 環境モニタリング産業規模と最新動向
     〇 環境影響評価制度最新動向
     〇 汚染排出許可制度執行状況と動向
     〇 環境監督・処罰状況の最新動向 

  【詳細は下記のリンクよりご覧いただけます。】
    https://www5.jetro.go.jp/newsletter/shanghai/2018/180126/doukou.pdf

posted by Mark at 22:19| Comment(0) | 環境関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月05日

供給可能なバイオマス原料 by グローバルシー

グローバル・シーはWood Pellets, Wood Chip Lignin, PKS, ココナツシェル、遺伝子組み換え大豆油、パーム油、PAO, カシューナッツオイル、廃食油(UCO)を供給可能です。 

供給先は、インドネシア、マレーシア、フィリピン、 タイ、ベトナム、ペルー、カナダ、南アフリカ等です。 

PKSは年間96万トン、Wood Pelletsは年間59万トン、 パーム油は年間60万トン供給可能です。 

バイオマス発電は、FIT価格で20年間固定で売値が決まって いますが、その原料価格は日々変動します。 

グローバル・シーでは、長期に安定的に固定価格で供給 するために、バイオマス発電所とバイオマス原料供給先と 投資家をつなぐ橋渡しをしています。 

具体的にはインドネシアでPAO(パームアシッドオイル)を 長期に購入し、そこからRBDパーム油同等品を生産し、 パーム発電所に供給するというスキームで、1工場で3億円投資で 月600トン生産する精製工場を10−100造る計画です。 また、マレーシアに2か所のパームプランテーションの売り物件が あります。 

今回、これらの事業に投資して頂ける投資家を探しています。 ご興味のある方は、グローバル・シーまでお問い合わせください。 

ご参考までに直近の供給可能なバイオマス原料一覧を添付します。 供給可能なバイオマス原料一覧.pdf
posted by Mark at 14:54| Comment(0) | おすすめ情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月01日

アクセスランキング(2017-11)

合計 328 107
1./index.rdf 51.2% 168 40
2.トップページ 12.8% 42 24
3.おすすめリンク 3.7% 12 12
4.報告:世界の栄養健康状況に危機感 肥満… 2.4% 8 8
5.加計補助金負担を正式要請 愛媛県知事に… 2.1% 7 7
6.「リスクに立ち向かう日本経済」を分析/… 1.8% 6 6
7.「平成21年度救助技術の高度化等検討会… 1.8% 6 5
8.カテゴリ:事故関係 1.5% 5 5
9.1日3杯のコーヒー、健康へのプラス効果が… 1.5% 5 5
10./pages/user/m/tb/regist/input 1.2% 4 3
posted by Mark at 10:10| Comment(0) | このサイトについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月25日

加計補助金負担を正式要請 愛媛県知事に今治市長


市は県とともに施設整備費を最大96億円助成することを既に決めており、新設計画が認可されたことを踏まえ、正式に要請した。
posted by Mark at 21:17| Comment(0) | 教育関係 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする